img_02

歯医者と象牙質う触の段階

歯医者での虫歯治療で、C2の象牙質う触の段階になっていると、エナメル質は既に通り越して、進行は象牙質まで達していることになります。


冷たいものや甘いものを食べると、歯はかなりしみます。

神経にも近くて柔らかいのが象牙質の組織です。

代官山の歯医者をあなたに紹介致します。

不意に患部へふれると、激しく痛みを感じやすいため、歯医者での歯科治療では麻酔を使います。
状態を確認して、虫歯もまだ小さいなら、プラスチックを詰め込む治療で対処は可能です。内側に大きく虫歯が広がっていると、その虫歯を取る必要が出てきます。
虫歯を除去して型どりを行い、次の来院で模型から作成した詰め物を装着します。

1回では終わらないので、2回は歯科医院への来院が必要となります。

使用する詰め物の種類は、金銀パラジウム合金などは保険適用内で利用ができます。

ゴールドやセラミックを選ぶ場合は、保険適用外の詰め物になります。

虫歯もC3の神経う触レベルに入ってくると、痛みの感じ方も人それぞれになってきます。
エナメル質や象牙質を虫歯が通過してしまい、既にその下の神経へ到達をしています。



神経にどれだけ感染しているかで症状も違いますし、痛みを激しく感じることもあります。神経が既に死んでいる状態だと、これはもう痛みを通り越した状態です。

神経を細菌が通過し、根の外側で炎症を起こして膿みます。
C2の象牙質う触の段階の前の初期虫歯であれば、歯医者での歯科治療は格段に軽いものになります。

ですから、日々のオーラルケアは欠かせないのです。

NAVERまとめ情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。